YouTube動画の statistics

YouTubeのAPI

  1. YouTube Data API は v2 と v3 がある。
  2. v2 は2014 年 3 月 4 日をもって正式にサポートを終了しました
    http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos という URL で呼ぶのが v2 のAPI
  3. v3 は Google Developers Console で初期設定してからでないと使えない
  4. Google Developers Consoleで Project を作成する。
  5. Projectで使用する API に YouTube Data API v3 を追加する
    ついでだから YouTube Analystics API も追加してみたけどいつか使うのかな?
  6. APIキーの作成
    OAuth と 公開APIの2種類があるが、OAuth はログインした時のみ利用できるような機能が必要な場合に使用、
    動画の情報取得とか検索だけなら公開APIキーで大丈夫らしい。
    というわけで、公開APIキーを作成する。このキーは他の人にはばれないように内緒

実際に使ってみる

  1. wget で
    wget “https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?id=T2ngvnGk6_A&key=(APIキー)&part=snippet,contentDetails,statistics,status” -O g3.txt
  2. 結果は JSON形式で得られる。
    実行例 g3.txt
  3. phpで処理するなら
    $qurl = sprintf( “https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?id=%s&key=(APIキー)&part=snippet,contentDetails,statistics,status”, $targetv );
    $json = file_get_contents( $qurl );
    $obj = json_decode( $json );
    printf( “title: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->title );
    printf( “discri: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->description );
    printf( “投稿日: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->publishedAt );
    printf( “channelD: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->channelId );
    printf( “channelTitle: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->channelTitle );

    こんな感じ

  4. 試作例
    http://angel-cup.ch2.cc/sayoko/yt?v=04MaDmyppso
    v= の後に youtubeの動画番号でその動画のデータ取得&表示
    テスト用のプログラムなのでいつまで存在するか不明なので注意w

おまけ

  • g3.txt を見て判る通り、Youtubeではサムネがサイズ別に何種類かある
    default
    120×90
    medium
    320×180
    hight
    480×360
    standard
    640×480
    maxres
    1280×720 この辺りは動画の元々の画像サイズ依存な気がするけど未検証
  • 動画の再生時間
    ぱっと見で再生時間っぽいのが判らない。
    もしかしたら、contentDetails→duration がそうなのかな?
    “duration”: “PT51S” ってやつ。51秒?
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink. Trackback URL: http://homura.ch2.cc/00/youtube%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%81%ae-statistics/trackback/

Comments are closed.