抜き芸の練習

カラーキーやる為に、
マイク・スタンドマイクを色緑に
test 01
抜いてみた
2b2becf1021e484b7a84cbb86eb3bfcb
マイクの金網部分で濃淡になるのが綺麗に抜けてない。

抜いてみたその2
bc62ff290d2b9f4f5c8c4fbc8d0b353b
色調範囲広げると、コロちゃんのベルトまで抜けちゃう。

マイクがもっと単色になるように、材質など調整が必要。

Posted in MMD | 抜き芸の練習 はコメントを受け付けていません。

試作

first-take UTAU無調整

2nd take

04/14 09:30
ボーカル:あけこ【通常(非連続音) g-3】 波音リツ(連続オン)
のののののののー: 櫻歌ミコ(ロリ音源)

おまけ
コロコロをかっつりトゥーンシェーダー仕様に改造して(材質、テクスチャなど弄りまくり)
アニメっぽい質感にしてみた。
きのこてすと1

04/15 02:30

04/15 15:47
今回の目標。MMDっぽく無い質感。
みずおトラック作成
あけこトラック、キンキン声がきになったのでイコライザから再調整
やっと4人揃った音源

Posted in UTAU | 試作 はコメントを受け付けていません。

youtubeの再生リスト

ニコ動のマイリスに相当するものが再生リスト

こんな感じで再生リストと作って動画を登録出来る。

  1. 登録出来る上限
    1つの再生リストに登録できる上限は 200件。
    再生リスト自体はひとりのユーザーでいくつも作ることが出来る(無制限?)
  2. 再生リストの番号

    長ったらしい呪文なので、手入力とか無理ぽ。コピペ推奨w
  3. API
    wget “https://www.googleapis.com/youtube/v3/playlistItems?playlistId=PLs6474OP3NJaKB5PemBvHd-QD1pjjVAFl
    &key=(API-key)&part=id,snippet,status” -O p1.txt

    出力結果 pl1.txt

  4. Page管理
    再生リストのアイテム取得のAPIでは、maxResult ってパラメータで結果に返される最大数が指定できます。
    が、最大でも50までしか指定できません。
    それに対して再生リストに登録可能な上限は 200なので、200件フルに入っていると
    50件ずつ4回に分けて取得することになります。
    その為、レスポンスに nextPageToken, prevPageToken の項目があり、
    API呼ぶ時のパラメータ pageToken に指定してやることで、指定のページを取得します。
    超めんど~><

    wget “https://www.googleapis.com/youtube/v3/playlistItems?playlistId=PLs6474OP3NJaKB5PemBvHd-QD1pjjVAFl&key=(API-KEY)&part=id,snippet,status&pageToken=CAUQAA” -O pl2.txt

    出力結果 pl2.txt
    リストに登録6件で、5件/ページ(デフォルト)で取得してるので、2ページ目の残り1件ですね。

再生リストのアイテムの取得では

再生リストのアイテムの取得では、view, comme, like, dislike, favorite 等の数値データは
取れない模様です。
listの動画を取得後に、各動画ごとに詳細情報を取得しないといけない模様。
杯で1000件弱の動画を取得するとなると、リストの先頭とリストの最後で数分の差が発生する問題が、
ここでも再発しそうですね。
あと、Youtube の API V3 ですと、API呼ぶごとにコストが掛かります。
動画の登録とかはすごいコスト消費で、検索とかデータ取得とかだけなら大したコストじゃないはずですが、
1日辺りの上限が 500万ユニット、検索・データ取得で数ユニットの消費だとしても、
1000件弱×24(1時間に一回)とかデータ取得やってると、数万~十数万ユニットになりそう。
これを複数ユニットだとか、もっと頻度上げてとやると、無課金限界に行く危険性はあるかもです。

追記


今日一日実験と称していろいろやってもこんなもんだよ。
一日あたりの上限、500万じゃなくて 5000万だね。
クォータに引っ掛かる可能性はまずなさそうで安心です。

Posted in メモ | youtubeの再生リスト はコメントを受け付けていません。

ニコニコ静画で使える API等

公開クリップ追尾

ログインしてなくても使える。
結果は XML 形式。au.txt
これで view, comme, clip と postdate が入っていたら文句無しなのになー

ユーザーの投稿イラスト一覧

使い道がまったく想像できないw

静画(お題関係)

静画のお題情報の取得
id= はお題の sgXXXXXX の sgを取った数字のみの番号

静画(お題関係) 中身一覧

id= はお題の sgXXXXXX の sgを取った数字のみの番号
そのお題に登録されてる静画全部出てくる。max200件

タグ検索

http://seiga.nicovideo.jp/api/tagslide/data?page=1&query=俺得モデルフェス&sort=1

OGP

http://ogp.me/ なんてサイトがあって、The Open Graph protocol というそうなんだが、
普通に静画を取得 (wget “http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3978884”)して得られた html の <head>部分に、

<meta property=”og:type” content=”article” />
<meta property=”og:title” content=”【MMD-OMF4】目覚まし時計 / ワルプルギスの小夜 さんのイラスト” />
<meta property=”og:url” content=”http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3978884″ />
<meta property=”og:description” content=”某自作自演賞のパーツと言わないで。
配布先 http://bowlroll.net/up/dl37810
” />
<meta property=”og:site_name” content=”ニコニコ静画 (イラスト)” />
<meta property=”og:image” content=”http://lohas.nicoseiga.jp/thumb/3978884i?” />

なんて形でデータが入ってる。が、中途半端すぎて使えない予感…

Posted in メモ | ニコニコ静画で使える API等 はコメントを受け付けていません。

YouTube動画の statistics

YouTubeのAPI

  1. YouTube Data API は v2 と v3 がある。
  2. v2 は2014 年 3 月 4 日をもって正式にサポートを終了しました
    http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos という URL で呼ぶのが v2 のAPI
  3. v3 は Google Developers Console で初期設定してからでないと使えない
  4. Google Developers Consoleで Project を作成する。
  5. Projectで使用する API に YouTube Data API v3 を追加する
    ついでだから YouTube Analystics API も追加してみたけどいつか使うのかな?
  6. APIキーの作成
    OAuth と 公開APIの2種類があるが、OAuth はログインした時のみ利用できるような機能が必要な場合に使用、
    動画の情報取得とか検索だけなら公開APIキーで大丈夫らしい。
    というわけで、公開APIキーを作成する。このキーは他の人にはばれないように内緒

実際に使ってみる

  1. wget で
    wget “https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?id=T2ngvnGk6_A&key=(APIキー)&part=snippet,contentDetails,statistics,status” -O g3.txt
  2. 結果は JSON形式で得られる。
    実行例 g3.txt
  3. phpで処理するなら
    $qurl = sprintf( “https://www.googleapis.com/youtube/v3/videos?id=%s&key=(APIキー)&part=snippet,contentDetails,statistics,status”, $targetv );
    $json = file_get_contents( $qurl );
    $obj = json_decode( $json );
    printf( “title: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->title );
    printf( “discri: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->description );
    printf( “投稿日: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->publishedAt );
    printf( “channelD: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->channelId );
    printf( “channelTitle: %s<br>\n”, $obj->items[0]->snippet->channelTitle );

    こんな感じ

  4. 試作例
    http://angel-cup.ch2.cc/sayoko/yt?v=04MaDmyppso
    v= の後に youtubeの動画番号でその動画のデータ取得&表示
    テスト用のプログラムなのでいつまで存在するか不明なので注意w

おまけ

  • g3.txt を見て判る通り、Youtubeではサムネがサイズ別に何種類かある
    default
    120×90
    medium
    320×180
    hight
    480×360
    standard
    640×480
    maxres
    1280×720 この辺りは動画の元々の画像サイズ依存な気がするけど未検証
  • 動画の再生時間
    ぱっと見で再生時間っぽいのが判らない。
    もしかしたら、contentDetails→duration がそうなのかな?
    “duration”: “PT51S” ってやつ。51秒?
Posted in 未分類 | YouTube動画の statistics はコメントを受け付けていません。